寒冷じんましん(蕁麻疹)の対策と治療方法

寒冷じんましんとは

寒冷じんましんは、腕や足などに現れるじんましんです。
症状が進行すると体中に発疹が出てしまう危険があるため、変化に気付いたら早いうちに病院で診察を受けるようにしましょう。
名称からも分かるとおり、体が冷えた時に症状が出るのが特徴です。
これは、屋外で冷えた場合だけには限られません。
皮膚の温度が低くなった時に、症状が現れると言って良いでしょう。
仮に、体を動かした後の体が熱を帯びている状態からゆっくりと平常時の温度に低下していく間にも寒冷じんましんが発症する可能性はあります。
ですから、冬の間だけ気を付ければ良いというわけではありません。
夏でも、室内のエアコンで冷やされて寒冷じんましんになることもあります。
ですが、やはり冬場は更に気をつける必要があります。
戸外に出て5分程度で、寒冷じんましんが発症する人もいます。
寒さでは症状が現れず、暑い時に体に反応があるという時は、それは温熱じんましんかもしれません。
寒冷じんましんを発症すると、肌がブツブツとなり鳥肌のようになります。
そのため、寒さのせいでかゆくなっただけだと思いあまり気にしない人も多いようです。
ですが、我慢出来ないくらいのかゆみに悩まされる時は、薬を飲んだほうが症状を抑えられます。
自己判断では寒冷じんましんと言えるのかどうか判断出来ないことがあります。
その場合も、一度皮膚科に相談してみるといいでしょう。

きちんとした対応をしないままでいると、しょっちゅうかいてしまうため、皮膚に大きな負担を与えてしまいます。

 

DHAサプリの効果